動画配信サービス 比較

人気の定額動画配信サービスを比較!

月額固定の金額を払えばドラマや映画が見放題の動画配信サービスが今人気で加入者も増えています。

 

定額で見放題なので、自分が好きな時に好きなだけ動画をたのしむことができます。

 

しかし、現在は動画配信サービスを提供している会社がたくさんあって、どれが自分に合うかを把握し辛いです。

 

そこで、現役バリバリでサービス利用者である管理人が各動画配信サービスを料金、作品ラインナップを比較して解説しました。

 

どの動画配信サービスに加入しようか迷っている人の助けになれば幸いです。

動画配信サービス比較のポイント

  1. 月額料金
  2. 作品ラインナップ
  3. 初回無料期間

まずは毎月かかる料金です。月額500円から1,990円とサービスによって差が結構あります。料金が高ければ内容が充実しているかと言うとそうではなく、安くてもラインナップが豊富で満足度の高いサービスもあります。

 

次に満足度に繋がる作品ラインナップです。ただ、作品数が多くても自分が視聴したいジャンルが弱かったりすることもあるので、自分の好みに合ったサービスを選ぶことが大切です。
また、最近は動画配信サービスオリジナル作品が増えてきていて、他者との差別化を図っています。

 

基本的にほぼすべての動画配信サービスで初回入会時に無料のおためし期間があります。14日から31日と無料期間に差があります。

 

ちなみに、無料期間終了後は自分で解約しない限りは自動で有料継続となります。

 

それでは、以上のポイントをおさえたら動画配信サービスの比較を見ていきましょう。

動画配信サービスおすすめ比較ランキング

Huluの特徴
  • 日本テレビのバラエティやドラマが充実
  • HBO製作のドラマ(ゲーム・オブ・スローンズ)やウォーキング・デッドの最速配信など海外ドラマにも強い
月額 933
無料期間 2週間
作品数 50,000本以上
評価 評価5
Huluの総評
はじめて動画配信サービスを利用する人におすすめなのがHuluです。

有名どころの海外ドラマがラインナップにあるのと独占配信や先行配信などがあります。
また、Huluはアメリカ発のサービスですが、日本での事業は日本テレビが買収したことで、日テレ系のドラマやバラエティもラインナップに加わりました。
名探偵コナンの劇場版がまとめて見られたりとアニメファンも大満足の内容です。

dTVの特徴
  • 月額500円で120,000本以上が見放題の驚異のコスパ
  • ドコモユーザーでなくても利用可能
月額 500
無料期間 31日
作品数 120,000本以上
評価 評価4.5
dTVの総評
dTVは月500円の安さながらラインナップも充実とコスパ抜群です。

ドコモが運営するサービスですが、ドコモのスマホを持っていなくても加入できます。
最低限の費用で最大限楽しみたい人におすすめです。

U-NEXTの特徴
  • 見放題+有料課金
  • 毎月もらえるポイントで最新映画やドラマが見られる
月額 1,990
無料期間 31日
作品数 100,000本以上
評価 評価4
U-NEXTの総評
月1,990円と他社と比べると少し高い月額です。

しかし、毎月課金作品に使える1,200円分のポイントがもらえるので、実質月額790円です。
Huluでは配信されていない最新映画やDVD発売前の先行配信作品が見られます。
また、初回入会時の600円分のポイントももらえます。

Netflixの特徴
  • オリジナル作品のパイオニア
  • 画質や同時視聴台数に合わせてプランは3種類
月額 ベーシック:850

スタンダード1,200
プレミアム:1,800

評価 評価4
Netflixの総評
Netflixを語るうえで外せないのが高品質のオリジナル作品です。

オリジナル制作のドラマがエミー賞を受賞するなど評価がめちゃめちゃ高いです。
ハウス・オブ・カードや人気ドラマブレイキング・バッドのスピンオフ作品であるベター・コール・ソウルが個人的にもおすすめです。
1番安いプランはSD画質で同時視聴台数は1台のみなので、スタンダード以上のプランへ加入をおすすめします。

 

 

動画配信サービスの種類

動画配信サービスは月額見放題(SVOD)が基本ですが、これに最新映画や海外ドラマの最新シーズンを課金して視聴するタイプがあります。

 

また、Amazonビデオのように見たい作品だけを課金してレンタルや購入できるサービスもあります。※間違えやすいAmazonプライムビデオは見放題サービスです

 

映画や海外ドラマの新作を目的に見たい人は月額見放題サービスよりもAmazonビデオで目的の作品だけをレンタルした方が費用を安く抑えられます。

定額見放題
  • Hulu
  • Netflix
定額見放題+課金
  • U-NEXT
  • dTV
  • Amazonプライムビデオ

動画配信サービスのメリット・デメリットは?

メリットはDVDレンタルと違い返却に行く手間がかからないのと見放題対象作品であれば料金を気にせずにどれだけでも動画が見放題なところです。

 

DVDの返却期限を忘れて延滞料金がかかる心配はありません。また、最新作品であっても貸し出し中で見ることができないといったこともありません。

 

デメリットは動画配信サービスによってドラマの配信シーズン数が違ったり、吹き替えが対応していなくて字幕のみだったりします。

 

お目当ての海外ドラマがある場合は事前に「作品名 吹き替え」などで検索するのをおすすめします。

 

あとは自宅のネット環境が悪いと再生がカクカク止まって快適に見られなかったり、支払い方法がクレジットカード限定のサービスがあるので、クレジットカードをお持ちでないと加入できないといったことがあります。

 

昔はDVDレンタル開始してしばらくしてから配信開始となるケースが多かったんですが、最近は逆に配信先行リリースが多くなってきています。

まとめ:どれに加入しても無料期間があるので、気になったサービスはまずおためしを

ここまで動画配信サービスの比較のポイントや特徴について書いてきましたが、すべてのサービスに無料期間が必ずあるので、気になったサービスは試してみるのをおすすめします。

 

無料期間終了前に解約してしまえば料金は請求されませんし、もちろん違約金もありません。

 

細かいところでは再生プレーヤーの仕様が違ったりするので、最初に書いた比較ポイント以外にも自分が使いやすいサービスを見極めるのもストレスない動画ライフに大切です。

 

>>動画配信サービスおすすめ比較ランキングへ<<

page top